熱海の日帰り温泉おすすめ 日航亭大湯(3)

熱海日帰り温泉ランキング上位の日航亭

熱海の日帰り温泉としても、ランキングでも上位にいて、なおかつ、オススメの度合いも高い、日航亭大湯ですが、かならず、日帰り温泉の順番は確認したほうがいいと思います。

何故かと言うと、私が行った日は、大小2種類露天風呂があるうちの、小さいほうの露天風呂の順番だったんです。たまたまとはいえ、ちょっと、悲しい気分になります。

もちろん、小さい方が、わるいかといえば、そうでもないので、なんとも言えないのですが、すくなとも、いくからには、調べておいたら良かったなぁと思ったので、これからいく方には、いく日が、大小どちらの露天風呂の予定か?くらいは調べておくことをおすすめします。

【おすすめ】日航亭大湯の休憩場

とはいえ、いざ入ってみると、わたしがいったのが、昼ごはんも食べずに、12時少し前に、訪れたせいもあって、観光客もほとんどいずに、広々としていてゆったりと過ごせます。

熱海の温泉と言うことで透明の温泉です。温度が高め。夏真っ盛りと言う中でこの熱海のお風呂につかるのはなかなか辛いものもあるといえばあるのですが、この時期にこういった真っ昼間から温泉に入るような人も少ないので本当にゆっくりできました♪

さて、この日航亭大湯ですが、内風呂から露天風呂へと行くちょっとした通路がお風呂の中にあります。

それをすこしずつ行くと、露天風呂のあるエリアに行きました。そこではお湯の滴る音が静かな場所で響き渡っています。まるで、竹できた鹿おどしのようです。

さて、温泉の方ですが、12時まえにいったといくこともあり、土曜日なのですが、お客さんはほとんどいません。

これこそ私の望んでいたシチュエーションです。ゆったりと満喫。そして、露天風呂で少し風に吹かれながら体を癒し、ゆっくりと暖まった後は、脱衣場へ戻り、服をまといます。

次は温泉の中では最高の時間。休憩場でのひとときです。
日航亭の1番の売りはここではないでしょうか

それこそ私のおじいちゃんおばあちゃんの家を思い出させてくれるようなまさに昭和的な家の佇まい。庭には、夏の太陽いっぱいに浴びた葉っぱが暑い中でもたまに吹く風によって作業しています。

一方私はと言えば、その昭和的な空間の中で、ビールを片手に、くつろぎます。周りには二組ぐらいのグループしかいません。

ウツラウツラとして、興味のある本を読みながら、寝落ちしていました。なんと贅沢な時間だったのでしょう。

結局日光ででの贅沢な時間を過ごした後、あまり時間もなくなってしまったこともあり、私は新幹線の熱海駅とそういったのでした。

そこで私が食べたのはしらす弁当。

これがまたしらすがたっぷり入っていて、温泉旅行の旅を締めくくるには最高のお弁当でした。

そうえいば、温泉に入りながら思い出したのが、我が家のトイプードル。
最近ぜいたくに、おいしいドックフードを食べているらしいです。W

いぬも、贅沢する時代になったんだなぁとおもいながら、我が子はかわいいのとおなじで、我がペットはやはり、かわいく、
ドックフードくらい、贅沢してもいいかと思っている今日このごろです。

>>我が家のトイプードルが食べてるドックフード【いぬはぐ】

サブコンテンツ

このページの先頭へ