【検索結果に要注意!】富士休暇村と休暇村富士

◯関東から富士休暇村に行く場合

サッカーをやっていると、きっと夏合宿や、カップ戦があると思います。

ご多分に漏れず、わたしが小学生のコーチとしてかかわっているチームも富士休暇村で、カップ戦に出場することになりました。

【富士休暇村】で!!

さて、わたしのチームは地元の神奈川県より車で富士休暇村を目指していくこととなりました。

神奈川から行く場合は、かなり行きやすく、東名高速道路をひたすら、御殿場インターにむけてはしり、御殿場インターに到着したら、あとは、138号線にのって、山中湖にむかい、東富士五湖道路の須走インターを経由して、山中湖をとおって、河口湖に向かって走ります。

河口湖がちかづくと、富士吉田インターがあるので、おりると、あと10分。
鳴沢氷穴の方角へむかって、富士パノラマラインをひたはしります。

これで、無事、富士緑の休暇村に到着です。
そう、、、つきました。

【ここで、なにかに気づいた人】

いますか?

なにかに気づいた人がいたら、もうこのブログを読む必要はありません。
なぜなら、あなたは、とても、気の付く人だからです。

さっそく富士休暇村にいってください!!

さて、もんだいは、何かに気づかなかった人です。
そんなあなたは、わたしとおなじです。^^

まぁ、関東に住んでいる人は、車でほとんどの人はいくと思いますので、あまり気にしなくても
いいでしょう。問題は、関西方面、たとえば大阪から、富士休暇村に行く人です!!!

◯関西から富士休暇村に行く場合

私は今回たまたま仕事の関係で、大阪に金曜日にいました。
「大阪 富士休暇村 バス」 で検索すると、ありましたありました。

「休暇村富士」が。。。

あっさり検索ででてきたので、安心してわたしは旅の計画をたてました。

まずは、土曜日の朝に、泊まっている場所から新大阪に行き、新大阪から、新幹線を名古屋までいき、そこで、ひかり号にのりかえて、静岡駅までいきます。

土曜日の朝の新幹線は、3連休のためか、やや混んでいます。

とはいえ、名古屋で乗り換え、静岡駅に到着~

看板にも、【しずおか】の文字があり、
静岡に来たことを実感します。

静岡駅では、静岡駅から発車するJR東海道本線のワイドビューふじかわ号というのがあるので、それに乗り込みます。目指す富士宮駅までは、これにのれば、静岡駅から38分でつきます。

ワイドビューふじかわ号の特急券は、車内でかいました。
カードは使えず現金でした。
カード派のひとは、このあたりは注意が必要です。

普通でいくと、1時間ちかくかかるので、特急料金750円をはらえば、快適な旅ができます。
さて、富士宮駅におりると、こんどは、休暇村富士まで、バスがでています。

富士宮駅のバスターミナルの2番乗り場から、休暇村富士まで、バスが2時間おきくらいにでているので、時間さえきっちりあわせれば、すっといけます。

ちなみに私の乗ったバスは、朝の9時20分に発車して、10時5分に休暇村富士に到着するという便でした。
3,4人しかいなく、サッカー少年たちは、たぶん、車で移動しているので、いないのかな???という感じでした。

まぁ、朝早くから、新大阪からでて、疲れているので、バスで最後はゆっくりする分にはちょうどいいって感じです。

さて、あいにくの曇り空だったこともあり、富士山をおもいうかべながら、バスにゆられて、休暇村富士までの時間をすごしたのですが、もちろん、この季節(9月)とくに、混んでいることもなく、10時5分の定刻に休暇村富士に到着しました。

途中では、あの有名な、『白糸の滝』のちかくもとおり、昔に行ったこともあり、なんだか懐かしく思いました。

さて、哀愁に漂っているうちに、休暇村富士に到着です。

◯10時5分目的地到着???

元々もらっていたパンフレットによれば、休暇村富士のホテルの目の前には、グランドがひろがり、とてもいい環境です。

心が焦る中、少しきれいめな雰囲気のホテルに少し驚きながらも、11時のキックオフの審判をやる予定であったので、ちょっと急ぎながら、審判服にきがえ、ホテルのロビーにグランドの場所をきき、荷物を預けるために、ロビーにいた方に声をかけます。

「あの。。。」

「グランドってどこでしょうか。」

すこし、ホテルの方が、戸惑った表情をします。
かまわず、わたしはつづけます。

「このパンフレットによれば、ホテルの目の前にグランドがあるはずなんですけど。。。」

次の瞬間、ホテルの人が何かを悟ったような顔をします。

「ここは、【休暇村富士】です。」

「お客さんのおっしゃっているのは、【富士緑の休暇村】ではないですか?
 ここは、静岡県の休暇村です。たぶん、お客さんのいっているのは、山梨県の休暇村ではないですか?」

むむ!!・・・こんなところで、【静岡県の休暇村】とか【山梨県の休暇村】って、いってる。
ケンミンショーでいっていた、【静岡】と【山梨】の対抗意識は強いということは聞いていたがまさか、こんなところで、【静岡の休暇村】とか【山梨の休暇村】って、はりあうなよ~~と思った瞬間。。。。

ん???

休暇村って【静岡の休暇村】と【山梨の休暇村】の2つあるの!!!

血の気が【さぁぁぁ】っと、ひきました。
でも冷静に私は確認します。

休暇村って、もしかして2つあるんですか?

ホテルの方がいいます。
【山梨の休暇村は、厳密には、富士緑の休暇村っていって、『緑の』って言葉が入るんです。】

え~~!!!

『そんなこと、はよいってやぁ』

にわか関西人になって、叫んでしまいました。
というわけで、富士休暇村には2つあります。

厳密には、
静岡県には、【休暇村富士】があり、
山梨県には、【富士緑の休暇村】があります。

◯休暇村を間違えたときのコスト

さて、ちょっとバス停にいたおっちゃんに聞くと、
【白糸の滝】までバスでもどって、そこで、別のバスに乗り換えて、
いってくださいとのこと。

さっそく、【白糸の滝】までのバスの時刻表をみると、ほぼ2時間後。

しかも、【白糸の滝】から先の先のバスも記憶では、2時間おきくらい。。。

というわけで、
わたしは、せっかくの日曜日を無駄に、バスを待って過ごすわけにも行かず、
タクシーを静岡県の【休暇村富士】によんでもらい、山梨県の【富士緑の休暇村】まで
のせてもらいました。

しめて、【¥7,980】かかりました。
あ~2回は、おいしいビールを飲みに行けたはず・・・・

とちゅうで、樹海があって、
なんだか暗い雰囲気。。。

わたしも、不要な出費で、
くらい雰囲気。

というわけで、富士休暇村に行く際は注意してください。
サッカーをする前につかれます(笑)

つかれた顔をしていたら、
朝から、元気なコーチが、服のしたをみせて、
ドヤ顔をしていました。

筋肉増強のために、あの大リーグでも活躍した
新庄剛志選手が宣伝しているビダンザゴーストとかいう
加圧シャツを購入して、着用していました。

きているだけで、筋肉がつくらしいです。
>>ビダンザゴースト

ちなみにお手伝いできてくれていたママさんのひとりが、
東大の教授がつくったとかいう、化粧水を
わたしの疲れた皮膚にぬってくれました。

むかしは、お相撲さんがつかっていた
卵殻膜というものをエキスとして
配合した化粧水らしいです。

タクシーでつかれたわたしは、
その化粧水もぬってもらって、
癒やされました~
東大の教授を私は信じます(笑)
>>東大教授の卵殻膜エキス

サブコンテンツ

このページの先頭へ